メールでのお問合せはこちら
ウィルのテレビCM→CMギャラリーを見る
女性のためのライフスタイルセミナー「理想の住まいを手に入れる方法」
戻る
ICHIJINo.3440
所 在 地 :
兵庫県芦屋市
概  要:
不明
面  積:
約150m²
価  格 :
リフォームー万円
部  位 :
全面
「カカオ豆本来の味わいや香りをお届けしたい。」
そんな思いから生まれた、芦屋のビーン・トゥ・バーチョコレート専門店。
品質のいい豆を厳選して輸入し、選別、焙煎、摩砕、調合、成形までを店舗工房内にて手作業で行っています。

そんな店舗のインテリアは、芦屋の街に溶け込むように上品で落ち着いた洋風に仕上げました。店舗のロゴが和の雰囲気を持っているため、アクセントに和の要素を織り込んでいます。
ビーントゥバーの考えを店舗デザインにも取り入れ、テーブルやショーケースなどの什器も、一つ一つ職人さんが丹精込めて手作業で仕上げました。

作り手の思い溢れる店舗にて、是非ご賞味くださいませ。
⇒兵庫県芦屋市業平町1-20(JR「芦屋」駅 南出口すぐ)
『ICHIJI』 11:00~20:00 定休日:火曜日

OPEN GALLERY NEXT IMAGE
シックな色合いにまとめた販売スペース。背面の壁はタイルを市松模様に貼っています。 シックな色合いにまとめた販売スペース。背面の壁はタイルを市松模様に貼っています。
床は木目柄のフロアタイル。アンティーク感がリアルに表現されています。 床は木目柄のフロアタイル。アンティーク感がリアルに表現されています。
職人さん手作りのショーケース。 職人さん手作りのショーケース。
カカオ豆や持ち帰り商品をディスプレイしています。隣接するエントランスドアのラインと棚の奥行きを合わせ、斜めに配置。 カカオ豆や持ち帰り商品をディスプレイしています。隣接するエントランスドアのラインと棚の奥行きを合わせ、斜めに配置。
カウンター席。ニッチにはパッケージをディスプレイ。不規則に並ぶダウンライトは、まるで照明器具のように見えます。 カウンター席。ニッチにはパッケージをディスプレイ。不規則に並ぶダウンライトは、まるで照明器具のように見えます。
ニッチの色は、チョコレートのパッケージに合わせました。ダウンライトを設置し、パッケージを照らします。 ニッチの色は、チョコレートのパッケージに合わせました。ダウンライトを設置し、パッケージを照らします。
Gino Sarfattiがデザインしたシャンデリア。通りからもよく見えるため、通行人の視線を店内へと集めます。 Gino Sarfattiがデザインしたシャンデリア。通りからもよく見えるため、通行人の視線を店内へと集めます。
ショーケースの天板は、「モザイクパーケット」という無垢フローリング材を採用しました。寄木張り床材を天板に使用し手作り感を演出。どこか懐かしいような、レトロモダンな印象と無垢ならではの温かみがある素材です。 ショーケースの天板は、「モザイクパーケット」という無垢フローリング材を採用しました。寄木張り床材を天板に使用し手作り感を演出。どこか懐かしいような、レトロモダンな印象と無垢ならではの温かみがある素材です。
ショーケースの一段下がったところは、スエード塗装をしています。塗りムラを付けることで、高級感のあるスエードの質感が表現できます。 ショーケースの一段下がったところは、スエード塗装をしています。塗りムラを付けることで、高級感のあるスエードの質感が表現できます。
しっとり落ち着いた雰囲気のカフェスペース。優雅で特別な時間が過ごせます。 しっとり落ち着いた雰囲気のカフェスペース。優雅で特別な時間が過ごせます。
スペースごとに床材を変え、見切りに大理石モザイクを採用し、緩やかに区切っています。 スペースごとに床材を変え、見切りに大理石モザイクを採用し、緩やかに区切っています。
柱の出っ張りに連続する段を作り、彫刻のようなアクセントを演出。モールディングが照明と合わさって、壁に美しい陰影が現れます。 柱の出っ張りに連続する段を作り、彫刻のようなアクセントを演出。モールディングが照明と合わさって、壁に美しい陰影が現れます。
店舗内の照明は、間接照明がメイン。ランプが直接見えないので、優しく柔らかい光が店舗内に広がります。 店舗内の照明は、間接照明がメイン。ランプが直接見えないので、優しく柔らかい光が店舗内に広がります。
販売スペースの奥は工房。ディスプレイを兼ねた室内窓から、お店の様子が工房内に伝わります。 販売スペースの奥は工房。ディスプレイを兼ねた室内窓から、お店の様子が工房内に伝わります。
ガラスは気泡が混ざったウェーブ柄。ぼんやりと向こう側が透けるので、工房内が丸見えにはなりません。 ガラスは気泡が混ざったウェーブ柄。ぼんやりと向こう側が透けるので、工房内が丸見えにはなりません。
喫煙スペース。ロートアイアンがはめ込まれた室内窓で、カフェスペースから間仕切りされています。 喫煙スペース。ロートアイアンがはめ込まれた室内窓で、カフェスペースから間仕切りされています。
右手に見えるえんじ色の壁はスエード塗装です。空間に、柔らかく温かみを与えています。 右手に見えるえんじ色の壁はスエード塗装です。空間に、柔らかく温かみを与えています。
ロートアイアンと言えば、重厚感のあるクラッシックなイメージですが、こちらではモチーフが円のものを採用しました。重すぎず、インテリアにしっくりなじんでいます。 ロートアイアンと言えば、重厚感のあるクラッシックなイメージですが、こちらではモチーフが円のものを採用しました。重すぎず、インテリアにしっくりなじんでいます。
アールの壁で空間を緩やかに区切っています。壁内には、鉄骨の補強部材が隠されています。(ビフォー写真に、斜めの補強部材が載っています) アールの壁で空間を緩やかに区切っています。壁内には、鉄骨の補強部材が隠されています。(ビフォー写真に、斜めの補強部材が載っています)
イートインでは、チョコレートの他にもドリンク・アルコール・スイーツなどが用意されています。どれもICHIJIのチョコレートに合う、厳選されたメニューです。 イートインでは、チョコレートの他にもドリンク・アルコール・スイーツなどが用意されています。どれもICHIJIのチョコレートに合う、厳選されたメニューです。
ショーケースの吊戸には、「青海波(せいがいは)」という和柄の欄間を使っています。一般的には和室の襖の上に取り付ける和風建材ですが、塗装を施すことでどこか洋風の雰囲気に。チョコレートのパッケージにも青海波がデザインされています。 ショーケースの吊戸には、「青海波(せいがいは)」という和柄の欄間を使っています。一般的には和室の襖の上に取り付ける和風建材ですが、塗装を施すことでどこか洋風の雰囲気に。チョコレートのパッケージにも青海波がデザインされています。
シックな色味の男性用トイレ。洋風と和風のバランスが絶妙です。 シックな色味の男性用トイレ。洋風と和風のバランスが絶妙です。
明るく温かみを感じる女性用トイレ。「女優ミラー」と呼ばれるLED照明のついた鏡が、顔を明るく美しく映し出します。 明るく温かみを感じる女性用トイレ。「女優ミラー」と呼ばれるLED照明のついた鏡が、顔を明るく美しく映し出します。
ロゴの後ろに貼ってあるタイルは、既存のものをそのまま使用しました。 ロゴの後ろに貼ってあるタイルは、既存のものをそのまま使用しました。
JR芦屋駅南口に面して入口があります。 JR芦屋駅南口に面して入口があります。
工事前のエントランス。 工事前のエントランス。
左手がカフェスペース、右手が販売スペースと工房になります。 左手がカフェスペース、右手が販売スペースと工房になります。
工事前全景。 工事前全景。
オレンジ色をした斜めの鉄骨が補強部材です。これがアールの壁内に隠れています。 オレンジ色をした斜めの鉄骨が補強部材です。これがアールの壁内に隠れています。
ここは、ニッチが並ぶカウンター席になりました。 ここは、ニッチが並ぶカウンター席になりました。
シックな色合いにまとめた販売スペース。背面の壁はタイルを市松模様に貼っています。
床は木目柄のフロアタイル。アンティーク感がリアルに表現されています。
職人さん手作りのショーケース。
カカオ豆や持ち帰り商品をディスプレイしています。隣接するエントランスドアのラインと棚の奥行きを合わせ、斜めに配置。
カウンター席。ニッチにはパッケージをディスプレイ。不規則に並ぶダウンライトは、まるで照明器具のように見えます。
ニッチの色は、チョコレートのパッケージに合わせました。ダウンライトを設置し、パッケージを照らします。
Gino Sarfattiがデザインしたシャンデリア。通りからもよく見えるため、通行人の視線を店内へと集めます。
ショーケースの天板は、「モザイクパーケット」という無垢フローリング材を採用しました。寄木張り床材を天板に使用し手作り感を演出。どこか懐かしいような、レトロモダンな印象と無垢ならではの温かみがある素材です。
ショーケースの一段下がったところは、スエード塗装をしています。塗りムラを付けることで、高級感のあるスエードの質感が表現できます。
しっとり落ち着いた雰囲気のカフェスペース。優雅で特別な時間が過ごせます。
スペースごとに床材を変え、見切りに大理石モザイクを採用し、緩やかに区切っています。
柱の出っ張りに連続する段を作り、彫刻のようなアクセントを演出。モールディングが照明と合わさって、壁に美しい陰影が現れます。
店舗内の照明は、間接照明がメイン。ランプが直接見えないので、優しく柔らかい光が店舗内に広がります。
販売スペースの奥は工房。ディスプレイを兼ねた室内窓から、お店の様子が工房内に伝わります。
ガラスは気泡が混ざったウェーブ柄。ぼんやりと向こう側が透けるので、工房内が丸見えにはなりません。
喫煙スペース。ロートアイアンがはめ込まれた室内窓で、カフェスペースから間仕切りされています。
右手に見えるえんじ色の壁はスエード塗装です。空間に、柔らかく温かみを与えています。
ロートアイアンと言えば、重厚感のあるクラッシックなイメージですが、こちらではモチーフが円のものを採用しました。重すぎず、インテリアにしっくりなじんでいます。
アールの壁で空間を緩やかに区切っています。壁内には、鉄骨の補強部材が隠されています。(ビフォー写真に、斜めの補強部材が載っています)
イートインでは、チョコレートの他にもドリンク・アルコール・スイーツなどが用意されています。どれもICHIJIのチョコレートに合う、厳選されたメニューです。
ショーケースの吊戸には、「青海波(せいがいは)」という和柄の欄間を使っています。一般的には和室の襖の上に取り付ける和風建材ですが、塗装を施すことでどこか洋風の雰囲気に。チョコレートのパッケージにも青海波がデザインされています。
シックな色味の男性用トイレ。洋風と和風のバランスが絶妙です。
明るく温かみを感じる女性用トイレ。「女優ミラー」と呼ばれるLED照明のついた鏡が、顔を明るく美しく映し出します。
ロゴの後ろに貼ってあるタイルは、既存のものをそのまま使用しました。
JR芦屋駅南口に面して入口があります。
工事前のエントランス。
左手がカフェスペース、右手が販売スペースと工房になります。
工事前全景。
オレンジ色をした斜めの鉄骨が補強部材です。これがアールの壁内に隠れています。
ここは、ニッチが並ぶカウンター席になりました。

お問合せはこちらリフォームに関するご相談、ご質問等お気軽にお問合せ下さい。
フリーダイヤルでのお問合せ:0120-4919-30 メールでのお問合せ
PAGETOP
ウィルは、神戸・大阪・名古屋エリアの不動産(マンション・一戸建て・土地)のエキスパート。この地域の売買、賃貸、リフォーム、住宅ローン・保険は、ウィルにお任せ下さい。
東証上場

中古×リフォーム
    事例集
  1. マンション
  2. 一戸建て
©2008-2018 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。