メールでのお問合せはこちら
女性のためのライフスタイルセミナー「理想の住まいを手に入れる方法」
戻る
注文住宅の中古こそリノベーションが際立つNo.3966
所 在 地 :
兵庫県西宮市
概  要:
平成19年築
面  積:
111.69m²
価  格 :
物件2680万円+リフォーム973万円
部  位 :
半面(一部外壁、一部水周りを除く)
築10年に満たない、売主様の思いのこもった質の高い中古注文住宅を、欲しい場所で見つけられました。
ただ味覚に違いがあるように、スペックは良くても「住みたい家ではない」。
そのまま住もうと思えば…、という時代ではもうありません。
スペック満点の家を更に“テイスト満点”に変えるべく、つくり込みました。
水周り設備はきれいに使われていたこともあり、クリーニングのみ。竣工当時の図面から、リビングの天井上に大空間が余っていることを見つけ出し、+1.3mの天井高を生み出しました。
お気に入りのホテルのイメージを元に、遊び心のあるロフトも設置。六甲山が綺麗に見えます。南側に大きく窓を複数取り、外壁材を南面だけ変更。ウッドデッキの雰囲気と合わせ、印象までも大きく変えることとなりました。

OPEN GALLERY NEXT IMAGE
ベルギーの画家、ルネ・マグリットの名画「光の帝国」を彷彿とさせる一枚。森の中の家に電球色の照明がよく合います。外壁の色を濃い茶色からオフホワイトに変更したことで、印象が変わりました。 ベルギーの画家、ルネ・マグリットの名画「光の帝国」を彷彿とさせる一枚。森の中の家に電球色の照明がよく合います。外壁の色を濃い茶色からオフホワイトに変更したことで、印象が変わりました。
樹脂デッキと庇を新設。今まではリビングから庭に出ることができなかったところに導線を確保しました。掃き出し窓は電動シャッター付です。 樹脂デッキと庇を新設。今まではリビングから庭に出ることができなかったところに導線を確保しました。掃き出し窓は電動シャッター付です。
トーヨーキッチンや背面の家具収納は既存のまま。床には栗の無垢フローリングを採用し、ご自身で蜜蝋ワックスを塗っています。 トーヨーキッチンや背面の家具収納は既存のまま。床には栗の無垢フローリングを採用し、ご自身で蜜蝋ワックスを塗っています。
木に囲まれて生活をするべく、リビングには掃き出し窓と腰窓2箇所を増設。天井を上げ、シーリングファンを設置することで、光と風がとてもよく動くようになりました。 木に囲まれて生活をするべく、リビングには掃き出し窓と腰窓2箇所を増設。天井を上げ、シーリングファンを設置することで、光と風がとてもよく動くようになりました。
ロフトへの階段は、現場で角度を決め、大工さんに作ってもらっています。無塗装のままのため、将来的には色を塗られるかも、です。 ロフトへの階段は、現場で角度を決め、大工さんに作ってもらっています。無塗装のままのため、将来的には色を塗られるかも、です。
写真に見えている梁のほとんどは既存のもの。特に手を加えず、既存のままです。新規で組んだ天井と壁には断熱材を充填しています。 写真に見えている梁のほとんどは既存のもの。特に手を加えず、既存のままです。新規で組んだ天井と壁には断熱材を充填しています。
部屋でもなく、収納でもない、ただの場所、のロフト。上って外を見ながら読書をしたり、子供が上がって遊んだり。床はシナベニヤの素地のまま。DIYでどんどん手を入れられるような仕上にしています。 部屋でもなく、収納でもない、ただの場所、のロフト。上って外を見ながら読書をしたり、子供が上がって遊んだり。床はシナベニヤの素地のまま。DIYでどんどん手を入れられるような仕上にしています。
3.5mほどの天井高で、100Wの調光調色のダウンライトを計8灯。明るさが少し心配でしたが、十分な照度です。やはり照明は少しくらいかな、と思うくらいで計画したいところ。 3.5mほどの天井高で、100Wの調光調色のダウンライトを計8灯。明るさが少し心配でしたが、十分な照度です。やはり照明は少しくらいかな、と思うくらいで計画したいところ。
ハンモックを吊るしたり、ブランコを設置したりと、構造材や素地が分かることで暮らし方は広がります。戸建リノベを考える際は、セットで少しのDIYをご検討を。 ハンモックを吊るしたり、ブランコを設置したりと、構造材や素地が分かることで暮らし方は広がります。戸建リノベを考える際は、セットで少しのDIYをご検討を。
階段ももともとはフロアタイル仕上だったものを無垢フローリングに変更。階段上がって正面にはトイレがあったのですが撤去し、キッチンを広げました。 階段ももともとはフロアタイル仕上だったものを無垢フローリングに変更。階段上がって正面にはトイレがあったのですが撤去し、キッチンを広げました。
1階~2階~3階のスキップフロアの3層と、外部との空間が以前よりもだいぶつながりました。 1階~2階~3階のスキップフロアの3層と、外部との空間が以前よりもだいぶつながりました。
元々あったトイレを撤去し、洋室を和室に変更。間仕切りには古材を扱うお店で仕入れた御簾戸(みすど)を採用。建具を吊るす梁も古材です。和の建具を通すと、向こうのまん丸ペンダントライトが満月に見えてくるのが不思議です。 元々あったトイレを撤去し、洋室を和室に変更。間仕切りには古材を扱うお店で仕入れた御簾戸(みすど)を採用。建具を吊るす梁も古材です。和の建具を通すと、向こうのまん丸ペンダントライトが満月に見えてくるのが不思議です。
御簾戸に限らず、アンティークの建具は和洋共に商品代よりも加工賃の方が高くつきます。商品2万円、掃除と補修、再塗装で+5万円、といった具合。 御簾戸に限らず、アンティークの建具は和洋共に商品代よりも加工賃の方が高くつきます。商品2万円、掃除と補修、再塗装で+5万円、といった具合。
非常に丁寧に使われていた、白と黒を基調にしたインテリアの戸建でした。 非常に丁寧に使われていた、白と黒を基調にしたインテリアの戸建でした。
今はこの正面に御簾戸が見えます。やはりインテリアを明るくすると雰囲気は明るくなります。 今はこの正面に御簾戸が見えます。やはりインテリアを明るくすると雰囲気は明るくなります。
アイアンの手すり等、良いものが入っていたので、その分費用は抑えることができました。 アイアンの手すり等、良いものが入っていたので、その分費用は抑えることができました。
こだわりのある家だったからこそ、新たな住人のこだわりで、さらに良くなったと思います。 こだわりのある家だったからこそ、新たな住人のこだわりで、さらに良くなったと思います。
庭につながる南側面。掃き出し窓と庇、ウッドデッキを設置し、外壁色も変えました。 庭につながる南側面。掃き出し窓と庇、ウッドデッキを設置し、外壁色も変えました。
ベルギーの画家、ルネ・マグリットの名画「光の帝国」を彷彿とさせる一枚。森の中の家に電球色の照明がよく合います。外壁の色を濃い茶色からオフホワイトに変更したことで、印象が変わりました。
樹脂デッキと庇を新設。今まではリビングから庭に出ることができなかったところに導線を確保しました。掃き出し窓は電動シャッター付です。
トーヨーキッチンや背面の家具収納は既存のまま。床には栗の無垢フローリングを採用し、ご自身で蜜蝋ワックスを塗っています。
木に囲まれて生活をするべく、リビングには掃き出し窓と腰窓2箇所を増設。天井を上げ、シーリングファンを設置することで、光と風がとてもよく動くようになりました。
ロフトへの階段は、現場で角度を決め、大工さんに作ってもらっています。無塗装のままのため、将来的には色を塗られるかも、です。
写真に見えている梁のほとんどは既存のもの。特に手を加えず、既存のままです。新規で組んだ天井と壁には断熱材を充填しています。
部屋でもなく、収納でもない、ただの場所、のロフト。上って外を見ながら読書をしたり、子供が上がって遊んだり。床はシナベニヤの素地のまま。DIYでどんどん手を入れられるような仕上にしています。
3.5mほどの天井高で、100Wの調光調色のダウンライトを計8灯。明るさが少し心配でしたが、十分な照度です。やはり照明は少しくらいかな、と思うくらいで計画したいところ。
ハンモックを吊るしたり、ブランコを設置したりと、構造材や素地が分かることで暮らし方は広がります。戸建リノベを考える際は、セットで少しのDIYをご検討を。
階段ももともとはフロアタイル仕上だったものを無垢フローリングに変更。階段上がって正面にはトイレがあったのですが撤去し、キッチンを広げました。
1階~2階~3階のスキップフロアの3層と、外部との空間が以前よりもだいぶつながりました。
元々あったトイレを撤去し、洋室を和室に変更。間仕切りには古材を扱うお店で仕入れた御簾戸(みすど)を採用。建具を吊るす梁も古材です。和の建具を通すと、向こうのまん丸ペンダントライトが満月に見えてくるのが不思議です。
御簾戸に限らず、アンティークの建具は和洋共に商品代よりも加工賃の方が高くつきます。商品2万円、掃除と補修、再塗装で+5万円、といった具合。
非常に丁寧に使われていた、白と黒を基調にしたインテリアの戸建でした。
今はこの正面に御簾戸が見えます。やはりインテリアを明るくすると雰囲気は明るくなります。
アイアンの手すり等、良いものが入っていたので、その分費用は抑えることができました。
こだわりのある家だったからこそ、新たな住人のこだわりで、さらに良くなったと思います。
庭につながる南側面。掃き出し窓と庇、ウッドデッキを設置し、外壁色も変えました。

お問合せはこちらリフォームに関するご相談、ご質問等お気軽にお問合せ下さい。
フリーダイヤルでのお問合せ:0120-4919-30 メールでのお問合せ
PAGETOP
ウィルは、神戸・大阪(阪神間-北摂)エリアの不動産のエキスパート。この地域の売買、リフォーム、住宅ローン・保険は、ウィルにお任せ下さい。
東証上場

中古×リフォーム
    事例集
  1. マンション
  2. 一戸建て
©2008-2018 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。