メールでのお問合せはこちら
ウィルのテレビCM→CMギャラリーを見る
女性のためのライフスタイルセミナー「理想の住まいを手に入れる方法」
戻る
築40年のマンション。梁を活かしてリノベーションNo.3679
所 在 地 :
大阪府高槻市
概  要:
昭和49年築
面  積:
71m²
価  格 :
物件-万円+リフォーム920万円
部  位 :
全面
駅近で物件を探し始めてもピンとくる物件が見つからない。
物件を探し始めて3年近く経ち、たどり着いた答えが中古物件を購入し、リノベーションをするということ。
築が40年以上経過したマンションですが、駅から徒歩10分圏内の好立地物件。
打ちっぱなしの天井、ステンレスキッチン、沢山の間接照明、海外から輸入したクロス。
普通の家は嫌だという施主様の好きなものをふんだんに盛り込みました。
リフォームにおいての天敵は梁。部屋のど真ん中にある『高さ1840 mmしかない梁』をどう活かすか。たどり着いた答えがこちらです。

OPEN GALLERY NEXT IMAGE
奥様こだわりのアイランドキッチン。サンワカンパニー/グラッド45。梁にはライティングレールを取り付け、梁を活かすことでステージのような雰囲気へ。 奥様こだわりのアイランドキッチン。サンワカンパニー/グラッド45。梁にはライティングレールを取り付け、梁を活かすことでステージのような雰囲気へ。
ブラックウォルナット調の床材とウッドブラインドを使用。スポットライトと間接照明で全体を照らし、打ちっぱなし天井の雰囲気に負けないようにしました。 ブラックウォルナット調の床材とウッドブラインドを使用。スポットライトと間接照明で全体を照らし、打ちっぱなし天井の雰囲気に負けないようにしました。
リビングの収納にはサンワカンパニーのミス・モデルノの建具を使用。上部に間接照明を仕込み、全体の明るさを確保しました。 リビングの収納にはサンワカンパニーのミス・モデルノの建具を使用。上部に間接照明を仕込み、全体の明るさを確保しました。
リビングと寝室の間に3枚の引き込み戸を用いることで、部屋に一体感をもたせました。 リビングと寝室の間に3枚の引き込み戸を用いることで、部屋に一体感をもたせました。
寝室はダウンライトを使用せず、ベッドの背面にのみ照明を導入し、ホテルライクな空間へ。読書好きな施主様が自然に眠りにつけるようにこだわりました。 寝室はダウンライトを使用せず、ベッドの背面にのみ照明を導入し、ホテルライクな空間へ。読書好きな施主様が自然に眠りにつけるようにこだわりました。
リビングにいたら自然と会話が始まるキッチン。キッチンの前にカウンター用のイスを置けば、自然と足が置けるような高さに段差を造作。 リビングにいたら自然と会話が始まるキッチン。キッチンの前にカウンター用のイスを置けば、自然と足が置けるような高さに段差を造作。
画面左の梁を活かし、吊り戸棚とレンジフードを取りつけました。煩わしいと思っていた梁がむしろちょうど良い高さに思えます。 画面左の梁を活かし、吊り戸棚とレンジフードを取りつけました。煩わしいと思っていた梁がむしろちょうど良い高さに思えます。
キッチンが明るく、そしてテレビが見えるようにしたい。そんな奥様の要望を叶えました。窓があるので、テレビボードの背面にも光が集まりやすく、目に優しい設計です。 キッチンが明るく、そしてテレビが見えるようにしたい。そんな奥様の要望を叶えました。窓があるので、テレビボードの背面にも光が集まりやすく、目に優しい設計です。
洗面台の向きを変えることで三面鏡が入るワイドを洗面室に確保。壁紙を青色を選択。落ち着いた雰囲気へ。 洗面台の向きを変えることで三面鏡が入るワイドを洗面室に確保。壁紙を青色を選択。落ち着いた雰囲気へ。
トイレの上部には例の大きな梁。これも活かして間接照明を仕込みました。側面はハウスオブハックニー(英国)の壁紙。 トイレの上部には例の大きな梁。これも活かして間接照明を仕込みました。側面はハウスオブハックニー(英国)の壁紙。
ブリティッシュモダンのテイストでありながら遊び心あるデザイン。トイレに座って、動物に話しかけたくなるような可愛らしいクロスです。 ブリティッシュモダンのテイストでありながら遊び心あるデザイン。トイレに座って、動物に話しかけたくなるような可愛らしいクロスです。
「玄関から入った人は必ず驚きます。」そう施主様が仰るほどにインパクトのある玄関です。リビングへのドアはリフォーム前のドアを再利用し、塗装したことで新品同様に。 「玄関から入った人は必ず驚きます。」そう施主様が仰るほどにインパクトのある玄関です。リビングへのドアはリフォーム前のドアを再利用し、塗装したことで新品同様に。
もともとはキッチンが置いてあった空間。キッチンを撤去して広々とした土間へ。壁面のレンガはクロスです。 もともとはキッチンが置いてあった空間。キッチンを撤去して広々とした土間へ。壁面のレンガはクロスです。
打ちっぱなしの天井を意識し、玄関はモルタルで仕上げることで統一感のある空間に。 打ちっぱなしの天井を意識し、玄関はモルタルで仕上げることで統一感のある空間に。
ロールスクリーンの先はパントリーに直結。玄関から2wayでキッチンに入れるような動線の良い間取です。 ロールスクリーンの先はパントリーに直結。玄関から2wayでキッチンに入れるような動線の良い間取です。
アンティーク調のブラケットライトはリフォーム前にあったものを再利用。レンガ調のクロスとマッチしています。 アンティーク調のブラケットライトはリフォーム前にあったものを再利用。レンガ調のクロスとマッチしています。
室内窓の枠を木製で造作し、デザインガラスを組み込みました。ベランダから玄関までの風通しを意識し、キッチンに籠もりやすい熱を排除できます。 室内窓の枠を木製で造作し、デザインガラスを組み込みました。ベランダから玄関までの風通しを意識し、キッチンに籠もりやすい熱を排除できます。
リフォーム前のキッチン。向かって右側の壁の向こう側に小さい玄関がありました。 リフォーム前のキッチン。向かって右側の壁の向こう側に小さい玄関がありました。
リフォーム前のリビングと和室。右側の和室が、現在の寝室へと生まれ変わります。 リフォーム前のリビングと和室。右側の和室が、現在の寝室へと生まれ変わります。
全てを解体し終わったスケルトン状態。正面の大きな梁にレンジフードと吊り戸棚を取り付けました。 全てを解体し終わったスケルトン状態。正面の大きな梁にレンジフードと吊り戸棚を取り付けました。
もともと和室とキッチンがあった場所。右側に玄関が見えます。 もともと和室とキッチンがあった場所。右側に玄関が見えます。
奥様こだわりのアイランドキッチン。サンワカンパニー/グラッド45。梁にはライティングレールを取り付け、梁を活かすことでステージのような雰囲気へ。
ブラックウォルナット調の床材とウッドブラインドを使用。スポットライトと間接照明で全体を照らし、打ちっぱなし天井の雰囲気に負けないようにしました。
リビングの収納にはサンワカンパニーのミス・モデルノの建具を使用。上部に間接照明を仕込み、全体の明るさを確保しました。
リビングと寝室の間に3枚の引き込み戸を用いることで、部屋に一体感をもたせました。
寝室はダウンライトを使用せず、ベッドの背面にのみ照明を導入し、ホテルライクな空間へ。読書好きな施主様が自然に眠りにつけるようにこだわりました。
リビングにいたら自然と会話が始まるキッチン。キッチンの前にカウンター用のイスを置けば、自然と足が置けるような高さに段差を造作。
画面左の梁を活かし、吊り戸棚とレンジフードを取りつけました。煩わしいと思っていた梁がむしろちょうど良い高さに思えます。
キッチンが明るく、そしてテレビが見えるようにしたい。そんな奥様の要望を叶えました。窓があるので、テレビボードの背面にも光が集まりやすく、目に優しい設計です。
洗面台の向きを変えることで三面鏡が入るワイドを洗面室に確保。壁紙を青色を選択。落ち着いた雰囲気へ。
トイレの上部には例の大きな梁。これも活かして間接照明を仕込みました。側面はハウスオブハックニー(英国)の壁紙。
ブリティッシュモダンのテイストでありながら遊び心あるデザイン。トイレに座って、動物に話しかけたくなるような可愛らしいクロスです。
「玄関から入った人は必ず驚きます。」そう施主様が仰るほどにインパクトのある玄関です。リビングへのドアはリフォーム前のドアを再利用し、塗装したことで新品同様に。
もともとはキッチンが置いてあった空間。キッチンを撤去して広々とした土間へ。壁面のレンガはクロスです。
打ちっぱなしの天井を意識し、玄関はモルタルで仕上げることで統一感のある空間に。
ロールスクリーンの先はパントリーに直結。玄関から2wayでキッチンに入れるような動線の良い間取です。
アンティーク調のブラケットライトはリフォーム前にあったものを再利用。レンガ調のクロスとマッチしています。
室内窓の枠を木製で造作し、デザインガラスを組み込みました。ベランダから玄関までの風通しを意識し、キッチンに籠もりやすい熱を排除できます。
リフォーム前のキッチン。向かって右側の壁の向こう側に小さい玄関がありました。
リフォーム前のリビングと和室。右側の和室が、現在の寝室へと生まれ変わります。
全てを解体し終わったスケルトン状態。正面の大きな梁にレンジフードと吊り戸棚を取り付けました。
もともと和室とキッチンがあった場所。右側に玄関が見えます。
図面

この事例のお客様は、『イエナカ手帖』に参加されています。


お問合せはこちらリフォームに関するご相談、ご質問等お気軽にお問合せ下さい。
フリーダイヤルでのお問合せ:0120-4919-30 メールでのお問合せ
PAGETOP
ウィルは、神戸・大阪・名古屋エリアの不動産(マンション・一戸建て・土地)のエキスパート。この地域の売買、賃貸、リフォーム、住宅ローン・保険は、ウィルにお任せ下さい。
東証上場

中古×リフォーム
    事例集
  1. マンション
  2. 一戸建て
©2008-2018 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。